Windows10でArecx6を使う(chromeで視る)

2019年にもなって何やってるんですかねぇ。
Arecx6を久しぶりにいじってみました。

おやくそく:
※この情報は個人的なメモですので、手順が間違っていることがありますし、たまに修正されます
※この操作を実行した場合、あなたの環境が破壊されます、試しに実行は絶対にダメです。
※情報の利用は、自己責任でお願いします。

※現在視聴できている場合、絶対に実行しないでください
※この手順を実行しても確実に視聴できる訳ではありません。


まず、現在証明書の更新を行うと、異常な証明書ができます。
「2038年問題」により、日付があふれる様子です。
それでも、視聴する方法が有ったので手順として記録しています。

なお、2019/08現在は視聴できていますが、恐らくそのうち見れなくなります。

・Arecx6が「192.168.1.xxx」というIPの場合、



手順1:
▼chromeで、
https://192.168.1.xxx/
に接続すると表示される、
この接続ではプライバシーが保護されません」という画面で、
下の方にある「詳細設定」を押します。

192.168.1.xxx にアクセスする(安全ではありません)」というリンクが
表示されていたら成功です。

リンクを押すと、
このページは動作していません
という表示になります。

タブを追加してそのタブで、
http://192.168.1.xxx/filelist.php
を開きます。

ココ重要!:ブラウザを閉じない事

フラッシュの許可などを行うと視聴可能になっていると思います。



手順2:上の手順でアクセスできない場合のみ
◆上記の「192.168.1.xxx にアクセスする(安全ではありません)」が表示されない場合
証明書を確認します

▼作成した証明書をダウンロードする
http://192.168.1.xxx/cert/cert.der

あればダウンロードされます、無ければエラーページが表示されます。

▼証明書を新規作成する処理
http://192.168.1.xxx/cgi/cert/exec.cgi
無ければ作成します。

最初の手順1: に戻り、証明書の許可を実行します。



手順3:すでに証明書があってうまく動かない場合。 
※証明書を削除してしまうので既存環境が壊れます。
※アプリが無いので確認できませんが、たぶん、接続できなくなると思います。
※現在自動で作成できる証明書は異常なため、アプリ接続がおかしくなると思います。

証明書を削除して、新規作成します。

▼現在の証明書の削除
http://192.168.1.xxx/cgi/get.cgi?type=cert_clear

手順2: に戻り、証明書の新規作成を実行します。


注意点:
chromeは証明書が変わると、認証情報が変わったというエラーを出します、
対処方法はわかりませんが、その状態では証明書を削除した状態でアクセスできます。
が、再起動するとアクセスできなくなります。
その場合、再起動してステータスが変わった状態で証明書を作り直すと、
アクセスできるようになるようです。(もしくは、翌日など、時間をおいて再チャレンジ?)
(ここで検証が面倒臭くなったので終了)



※chromeの内蔵Flashが無効になったら、この手順で見ることはできなくなります。


なお、この情報は単なるメモであり質問等はお答えいたしません。

» 続きを読む

| | コメント (0)

Mi4c でrom焼きをミスった時のメモ

状態:MIUI8→9系へのアップデートに失敗し、
bootloaderはlocked
fastbootには入れるものの、イメージを書くことは出来ない状態。

ここから書くことは、非常にリスクが高い(一回完全にコントロールを失った)
文鎮化する覚悟を決めて下さい、そして、決して手順をアレンジしないこと(やって、失敗した)

要は、fastboot oem edlしてしまうと、後戻りができないわ、
電源の状態はわからないわ、何をしていいか情報もないというあたりで、
慣れている人じゃないと一発で成功しないと、文鎮確定

それでもやろうという人の為の情報となります、
なお、質問には一切お答えしません。

▼[Guide] Unlocking the Mi4c Bootloader without verification by Xiaomi
https://forum.xda-developers.com/mi-4c/general/guide-unlocking-mi4c-bl-verification-t3336779
上のURLから
libra_images_6.1.7_20151221.0000.11_5.1_cn_b09dac7 0a0.tgz
がダウンロードできる事をまず、祈りましょう。

Mi Flashは、特定のバージョンでなくても大丈夫みたい。

▼フラッシュが完了したが、リブートする
fastbootで起動して、正規の手順で、再度、flashします。
(たぶん右下のオプションを、clear all だったと思う)
前回と異なり、fastbootの状態のまま(edlモードに行かなくても、flashできるはずです)
そのあと、10秒くらいでリブートループするようであれば、
純正リカバリが使えるはずなので、全データをwipeしましょう。

初回のbootは非常に時間がかかりますが、リブートには入りません。

▼失敗した場合のリカバリ(私は別のイメージを焼こうとして失敗しました)
edlモードでは、画面には何も表示されませんし、
USBはデバイスを認識出来ない、切断される、状態です。

ボリュームダウン(-)を押しっぱなしにして、
USBでQualcommのデバイスが認識される事を祈りましょう、
無限リブートしているので、電源を押す必要はもはやありません。
(USBで不明なデバイスになっている場合は無理)
充電が切れるまでの勝負となります(この状態で充電ができるか不明なので)

※この-おしっぱなしの方法は、
 Fastbootに入ろうと試みていた時になぜかデバイス認識したという偶然です。

認識してしまえば、ROMが再び焼ける状態になったはずです、
正しいイメージをMi Flashから焼き込みましょう。

以上が、現状私が提供できる情報となります、追加の情報はありません
(復旧したので、しばらくやる気無いです・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズケータイ、f-03jを弄る:1

単体でGPS追跡が出来れば便利かなー、と。


android素人なので、使われている用語や用法に誤りが有ります。

気にしない人だけ参考にして下さい。

確認したF-03Jのファームのビルド番号:V13R106G

とりあえず、ADBコマンドを使えるようにする
▼ADBドライバーのセットアップ
https://qiita.com/couzie/items/2dd854df9c8c74317078
つながったら、確認メッセージが本体側に表示されるので許可する
「adb devices」コマンドで確認する。

■設定画面をadbで開く為に調べる。

▼通常の設定画面を開いてAPNを設定する?

通常の設定画面をintentを送って開く、APN設定もできそう(まだやってない)
http://www.adakoda.com/adakoda/2010/01/android-adb-shell.html
「adb shell am start -a android.intent.action.MAIN -n com.android.settings/.Settings」
残念ながらあの設定画面ではない設定でも、Wifiは存在していないし、
WCDMA(3G)/GSM(2G) しか設定が存在しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

microSDメモリの速度を適当に比較:SanDisk ExtremePRO Toshiba EXCERIA Trancend Ultimate

速いカードはやっぱり速い。

リーダーは、USB3.0のTranscend USB 3.0 Super Speed カードリーダ(TS-RDF5K)

▼SanDisk ExtremePRO 16GB(SDSDQXP-016G-J35)

Img_1234_3_2

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.1 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes
   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :    91.854 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :    81.080 MB/s
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :     4.910 MB/s [  1198.7 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :     2.096 MB/s [   511.7 IOPS]
         Sequential Read (T= 1) :    91.016 MB/s
        Sequential Write (T= 1) :    82.633 MB/s
   Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :     4.333 MB/s [  1057.9 IOPS]
  Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :     1.818 MB/s [   443.8 IOPS]
  Test : 1024 MiB [D: 0.0% (0.0/14.8 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2017/07/14 23:09:01
    OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 15063] (x64)
▼Trancend Ultimate 32GB UHS-I U3対応 (TS32GUSDU3)

Img_1234_2
-----------------------------------------------------------------------

CrystalDiskMark 5.2.1 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes
   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :    91.253 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :    83.138 MB/s
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :     5.813 MB/s [  1419.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :     1.360 MB/s [   332.0 IOPS]
         Sequential Read (T= 1) :    91.438 MB/s
        Sequential Write (T= 1) :    84.303 MB/s
   Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :     5.264 MB/s [  1285.2 IOPS]
  Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :     1.142 MB/s [   278.8 IOPS]
  Test : 1024 MiB [D: 0.0% (0.0/30.2 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2017/07/14 23:15:05
    OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 15063] (x64)
▼Toshiba 32GB EXCERIA 48MB/s UHS-I

Img_1234_1

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.1 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes
   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :    46.713 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :    15.385 MB/s
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :     5.228 MB/s [  1276.4 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :     1.067 MB/s [   260.5 IOPS]
         Sequential Read (T= 1) :    46.135 MB/s
        Sequential Write (T= 1) :    16.567 MB/s
   Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :     4.089 MB/s [   998.3 IOPS]
  Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :     0.892 MB/s [   217.8 IOPS]
  Test : 1024 MiB [D: 7.0% (2.0/28.9 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2017/07/14 23:22:23
    OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 15063] (x64)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ch341a用のメモ

内容については各自自己判断で。
ドライバーとプログラマー1.29の入手
http://tosiek.pl/ch341-eeprom-and-spi-flash-programmer/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放置していたiphone3gのバッテリーが膨らんでいた

放置していたiphone3gのバッテリーが膨らんでいた。

非純正の電池

なので、自己責任ですねぇ。

放置していたら、どうなったんでしょうか?
※互換バッテリーの使用は自己責任となります。気づかないうちにこのようになる事もあります。

Ip3g_batt

皆様も自分で交換した非純正の電池を入れた、
使用しなくなった端末は、
膨らんだりしていないか、たまにチェックしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ion snapcamのファームウェアのダウンロード先メモ

2017/06/22確認した方法、
https://uk.ion360.com/apps/help-center#!snapcam-1
の下の方に
「Firmware Updates and App Download Links」
の項目が有るので、そこから手持ちの機種の項目を展開します。

「Click HERE」のHEREの所がわかりづらいですがリンクです。

とりあえずまぁ、以上。
さがしづらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Teclast X89 Kindowを分解したり、Chuwi Hi8と比較してみる

今日届いたので、早速、
Teclast X89 Kindowを分解と、Chuwi Hi8と比較してみました。
分解すると保証がなくなりますので、行わないでください。
また、分解の過程で破損する確率が高いので、自己責任で情報は参照してください。
(私は修理に出す気が無い)

Dsc_0305_2

大きめの画像を張っているので、あとは続きへ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[メモ]colorfly g718 3g その2 液晶が突然消えたので分解する

colorfly g718 3g の液晶が突然消えました。

せっかく修理から帰ってきたのに早速です。

だがまぁ、液晶を割ったわけでもないし、修理が雑だったのだろうと推測し、
どうせ修理に出すことも無いので、分解しました。

液晶につながるフレキをさし直したら治ったので、分解写真だけメモ
注意点:
・SIM,microSDは必ず外す事。
・蓋にスピーカーが両面テープで付いているのでゆっくり開けて、蓋から剥がす
・薄いプラスチックカード推奨、爪だけで止まっています
※分解は危険な行為でケガや機械をダメにする可能性があるので、自己責任で。

Dsc_0285_e

あと、また外れない様に、
NITOMSのアセテート布粘着テープ (約600円)
で止めてます。

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華タブレットのメモ

中華タブレットのメモ

気になった点:
 全体的に液晶までの距離が表面から遠い。

▼teclast X89HD(H51C)(処分セール品)
winタブ
元々不具合のあった物をジャンク扱いでセールしていたもの、
流石にクセが強いが、それなり使えます。
ただ、それなり問題は発生するので、
自分で復旧等を行える知識か調査力は必須。
良いおもちゃ。

▼ONDA v975w
winタブ
通常セール品、クセもなく素直。
手間がかからない一品(飽きた)
見た目より、重く感じる(なぜだろう?)

▼chuwi Hi8
非常に有名なDual OSタブレット
8インチ、フルHD、ディスク 32GB、RAM 2GBで、
2015年末で、海外通販などでは$88(USD)という
恐ろしいまでのコストパフォーマンス。

弱点は、ディスクの速度が遅い事。
windows10端末としては力不足だが、
2GBのandroid端末として利用すると非常に快適。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«NW-Z1060(ウォークマン)のバッテリーを交換する