« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

PCのマザー入れ替え中

我が家ではなぜか、
ATXのマザーがmicro-ATXクラスのケースに、
micro-ATXのマザーが、フルタワーケースに収まっている。

無計画だから・・・

そして、いまさら入れ替え中。

空気の流れなどチェックしていたら
ファンレスのグラボ、触れない程度に熱い、
とりあえず、Fanのネジを足にして、のせてみた
123
もはや、Fanレスですらない。
でも、触れる程度の温度。
というか、動作中にさわるな、と。

と、無意味な日記。

予告:一年後のCPUファン(室内干しには気を付けろ、というか、まめに掃除してりゃこうはならないが)

2

まぁ気が向いたら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKも訪問販売も、インターホンに出なければ会うことは無い。

インターホンを鳴らした人の中で、
本当に必要な用事で来た人、何分の1位ですか?
私は一人暮らしを始めて以来、連絡無く押されたインターホンに一切でていない。

近所付き合いも無いので、訪れる客はインターホンに出なくても、
携帯電話に連絡を入れてくるからだ。

宅配便は不在票を受け取ってからでも良いし、そもそも時間指定しておけば良い
物によっては会社宛で発送しておけばよい。

NHKとはインターホン越しですら話した事無い
訪問販売宗教勧誘一切シャットアウト

まぁ、隣の住人が挨拶に来たときも、シャットアウトしてしまって、
ドアに吊るされた挨拶の品がなんとも言えない物悲しさでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知っているようで知らない蓄電池の正しい充電方法

最近電池の種類がいっぱいあるので、
どう取り扱うのが正しいか良くわからなくなっていたので、
調べた内容をまとめてみた。

電池に興味を持ったり、詳しく調べてみたくなった方は、
ENELOOPの開発者の方のインタビューなどが面白かったので、
要チェック。(url忘れました)

P4070228

■eneloop 又は、ニッケル・水素蓄電池の改良型(Ni-MH)
●好きな時に充電。
メモリー効果が抑えられており、継ぎ足し充電が可能
自然放電や電圧低下が抑えられている。
でも、調子が悪いときは100%使い切ってから充電。

■従来型ニッケル・水素蓄電池(Ni-MH)
●100%使い切ってから充電
メモリー効果有り。継ぎ足し充電しないほうが良い。
自然放電多め、充電して数ヶ月置いておくと容量が減ってる。

■リチウムイオン電池(Li-ion) (ケータイ、ノートpc、携帯オーディオの専用電池に多用)
●使い切らない!早めに継ぎ足す。
メモリー効果はない。
深放電(深充電)を行わない限りを消耗が少ない。
過充電に弱い。高温に弱い。
ノートpcで電池を抜いて保存とかするなら、
満充電ではなく、70~80%位で保存したほうがいいらしい。
個人的にはノートpcで電池減るからといって抜くやつを知ってるが・・・ちっちゃい。

ノートpcでは深充電を行わない限り、充電回数をカウントしないものがある。
過充電に弱いので、劣化にあわせて過充電しないために、回数を厳密にカウントして上限を低くしている、
あのカウントは使用期限ではなく、実は電池をなるべく長持ちさせるためのくふう。

★メモリー効果
たとえば、電気が残ってるのに充電すると、満タンまで充電しても、満タンにならない現象。
名前では意味わかりにくいが、
鍋をきれいにしないと、コゲがたまる様なもの、
残った電気の一部がコゲ付く、
溜まったコゲの分だけ、容量が減る。
使い切ると、コゲが取れる。
eneloopとかみたいな改良型はセラミック加工鍋のようなもので、
コゲが付きにくい(焦げ付かないないわけではない)

なお、充電器に上記の使い切る仕組みがあると「リフレッシュ機能」というが、
懐中電灯に放り込んでつけっぱなしにして、使い切っても、同様の効果が得られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄人志向 SATARAID5-LPPCI

SATAのポートが足りなくなったので増設するために、
玄人志向 SATARAID5-LPPCI
を買ってきた。

RAIDとして使うつもりは無いのですが、値段差もほとんど無いのでお遊び。

せっかくなので、ベンチマークを取ってみました。

OS : Windows XP Professional Service Pack 3 [5.1 Build 2600]
Memory : 3320 MB
Product : 2Core1333-2.66G
にて、計測。

HGST HDP725050GLA360 x 4個 RAID-0 R:100MB/s W79MB/s
HGST HDP725050GLA360 x 4個 RAID-5 R:32MB/s W:14MB/s
HGST HDP725050GLA360 x 4個 RAID-10 R:98MB/s W39MB/s
HGST HDP725050GLA360 x 2個 RAID-1 R:90MB/s W:37MB/s
HGST HDP725050GLA360 x 1個 (通常) R:93MB/s W:64MB/s
HGST HDP725050GLA360 x 3個 RAID-5+スペア1 R:35MB/s W:14MB/s

なお、32bitPCIの帯域は133MB/s
長いので、詳細な結果は続きに。

ミラーリングの読み取り結果が単独と変わらないのは当たり前として、書き込みが約半分。
RAID-5はさらにその半分。
今時、USBでも28MB/sは出るので・・・。
RAIDを快適に使いたい人はちゃんとしたものを買った方が良い。
もっとも、最近は容量のインフレが激しいので、買い替えを含めて考えたほうが良いかも。

ちなみに我が家のARAID-2000で、ミラーリングして50~60MB/sくらいで書き込んで書き込んでいたような記憶がうっすら(Fanうるさいので、今はちょっと使ってない)

どちらかというと、私には、
Hot-plug capability
の方が重要。

Sil3114自体はポートマルチプライヤ対応らしいが、特に記述は無い。

なお、RAIDで遊んだ後、個別のドライブの状態に戻すには
「Low Level Format」→「Quick Format」
が必要になる場合があるので注意

フォーマットが完了するまで、マザーによっては起動しなくなる。

続きを読む "玄人志向 SATARAID5-LPPCI"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »