« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

メモ:残っていた不明なデバイス

?の付いていたデバイスは、

HP ProLiant マネジメント コントローラ ドライバ
とのこと、情報元とドライバ取得先等は以下から、

■ML110 G6 不明なデバイスの解消-えせシステムソリューションズ
http://ese-system.blog.so-net.ne.jp/2011-04-23

以上、メモでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

amazonの値段って時々おかしいよね

amazonでRocketRAID 620を買ったのだが、アマゾンの値付けが、なんだかおかしいような、

■4/21 0:00 現在、以下の2商品が検索結果に上がってくる。

▼High Point RAIDカードSATA6Gb/sRocketRAID 620
 メーカー型番: RocketRAID 620
 ASIN: B0034CQR4O
 ¥4980-(amazon.co.jp販売・発送)

▼High Point SATA3.0 RAIDカード RocketRAID 620 PCI-e 2.0x1 SATA 6.0Gb/s SATA2ポートRAIDカード RR 620
 メーカー型番: RR 620
 ASIN: B003CIP4IK
 ¥7678-(amazon.co.jp販売・発送)

・・・同じ商品・・・だよね??

■そしてなぜか、Rocket 620 (非RAID)の方が、ある意味高いという

▼High Point SATA3.0カード Rocket 620 PCI-e 2.0x1 SATA 6.0Gb/s 2ポートSATAカード R 620
 メーカー型番: R 620
 ASIN: B003CIP4N0
 ¥5830-(amazon.co.jp販売・発送)

ちなみに、ASINの番号でamazon.co.jpで検索してもらうと、商品を見ることが出来ます。

商品点数がやたら多いからなのか?
それとも、ロットが変わって商品パッケージが微妙に変わったのかも。

カオス。( ̄Д ̄;;

▼ちなみにASINはamazonの商品番号
http://www.google.co.jp/search?q=ASIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP ML110 G6 を買った-その6 ポートマルチプライヤに接続してみる

HP ML110 G6 の内部SATAポートを引き出して、
ドライブドアテラタワー SATA RAID [EX35PM8B-PE](SiI3726 ポートマルチプライヤ?)
を直接接続してみた。

結果からいうと失敗。

■インテルラピッドストレージテクノロジー
http://www.intel.com/p/ja_JP/support/highlights/chpsts/imsm
付近からドライバーを取ってきて入れたわけですが、
上手くいかず、先頭のポートのHDDだけ拾ってきて、

「ストレージデバイスが接続されました。このデバイスがポートマルチドプライヤーの場合、ポートマルチプライヤー ポート0のみがアクティブになります。」

というメッセージが表示されました。

■よくよく3420のチップセットの説明書きに目を通してみると、

▼Intel® 3400 and 3420 ChipsetsOverview (英文版)
http://www.intel.com/products/server/chipsets/3400-3420/3400-3420-overview.htm

eSATA/port multiplier
とかタイトルがなっていたり、

▼External SATA Port Multiplier Box 1-to-5 SATA2 Port Multiplier(DELLの英文掲示板)
http://en.community.dell.com/dell-groups/new-to-community/f/3511/t/19243035.aspx

使えるマザーボードでは、RAID設定かつexternalに設定するとか書かれていて・・・
まぁ、チップセットは違うがソフト的な物っぽいので、
要は、内部(internal)認識だとダメっぽい、
これ、書き換えられないかなぁ。

なんだか微妙なので何か情報があればまた、でも続きはいつになるやら。

とりあえず、付属のカードが有るので実用上全然関係ないんですが・・・なんだか残念(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP ML110 G6 を買った-その5 RADEON HD5770を挿してみる

HP ML110 G6 に、RADEON HD5770を挿してみる。
実は既に、以下のページに

▼dragonkiller @ ウィキ HP ProLiant ML110G6ガイド
http://www23.atwiki.jp/dragonkiller/pages/279.html

* Clarkdale系CPUではRadeonHD5xxx番台使用不可
* Lynnfield系CPUでは使用可能の報告有り

と有るので、ほぼ追証。

BIOS上げたり(9/6→12/15)してみたけど、結果そのままでした・・・。

▼電源はそのまま、常用する気は無いので・・・。
 ※トータル超えてなくても、個別の電圧の電流超えるかも、なので非推奨

▼グラボ:玄人志向 RH5770-E1GHDG 
http://kuroutoshikou.com/modules/display/index.php?iid=1483
 ※補助電源必要
 手持ちがこれだったので。

▼4Px2→6P電源変換コネクタ:ValueWave PCS-46 
http://www.valuewave.co.jp/cgi-bin/item.cgi?item=030558
 ※補助電源コネクタが6P
 4P電源コネクタ2個を同じラインから取るという手抜き接続。

▼Xeon X3430(Lynnfield)は普通に認識
G6_xeon_5770

■Celeron G1101(Clarkdale)は
 BIOSで短音x4で画面すら上がらず、
 試しにBIOSを上げてみましたが、状況変わらず。

特に実験することも無いので、今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP ML110 G6 を買った-その4 HP SmartアレイB110i SATA RAIDコントローラーで遊ぶ

オンボードのRAIDである、SmartアレイB110i SATA RAIDコントローラーで、実験。
このコントローラーは、RAID 0、1、および1+0に対応しているらしい。
論理ドライブ(RAIDセット)数は2個まで、HotSwap機能は別売りのライセンス(またか!)が必要、
やや残念仕様。

ちなみに、
そのライセンスとは
 「HP Smart Array Hot Plug Advanced Pack 1サーバー ライセンス (1年 24x7 テクニカルサポート付) TC421A」
で、
\15000- 程します。

・・・この値段だと、若干ましなRAID買えますね。
あと、ノンホットプラグモデルなので、使えるような、使えないような??

詳細は下記説明ページあたりが良いだろうか?
■HP Smart Array Hot Plug Advanced Pack for B110i -日本HP
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/management/smartarrayb110i/

ちなみにRAIDカードを探すとき、私は良くこのあたりをながめています。
http://www.bestgate.net/raidcard/

▼とりあえず、先日買った、WD20EARS 3台を使って
 まずは、BIOSを設定して、RAID0を組んでみた。
 ちなみに、こちらは、Windows7 32bit
B110i_raid0_set_2 B110i_raid0

▼そして、AHCI でWindowsのソフトRAID0を同じくWD20EARS 3台で組んでみた、
 ちなみに、こちらは、Windows7 64bit
 画像取り忘れた・・・。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   371.879 MB/s
          Sequential Write :   356.214 MB/s
         Random Read 512KB :    43.852 MB/s
        Random Write 512KB :    99.334 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.608 MB/s [   148.4 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     2.703 MB/s [   659.9 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     4.048 MB/s [   988.2 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     2.941 MB/s [   718.0 IOPS]

  Test : 1000 MB [E: 0.0% (0.3/5589.0 GB)] (x5)
  Date : 2011/04/14 14:51:03
    OS : Windows 7 Ultimate Edition [6.1 Build 7600] (x64)

まぁ、見たとおりの結果、Windowsのダイナミックディスクでスパンボリュームした方が
書き込み速度がかなり速い。
ちなみに、Windowsのバージョンが違うのでご注意、てきとーな人なので。

長いので続きへ、

続きを読む "HP ML110 G6 を買った-その4 HP SmartアレイB110i SATA RAIDコントローラーで遊ぶ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

HP ML110 G6 を買った-その3 HP Lights Outで遊ぶ

G6を買った理由は、HP lights outに興味が有ったからなんです、特にバーチャルKVMとやら。

HP lights outってそもそも何よ?っていう人の方が多いと思います、
Out-of-band_management の仕組みなんてすが・・・って、そもそも日本でマイナーなわけですが、

超アバウトに言うと、
マシンのLANとは別のLANの口を準備して、ハングアップとかしたときにもメンテ出来るようにする仕掛けの事。

・電源のON、OFF(電源がOFFでも入れる事が出来る)
・正面からじゃないSSHの口(シリアルを乗っ取りますので設定が必要だったり)を提供したり
いろいろ、サーバーの基盤に埋め込まれた通常と経路から操作できるわけです。

通常の機能については、「HP lights out」で検索してもらえば出てくると思います・・・
今回、私は「Virtual KVM/Media」に興味が有ったんで・・・

しかし、初期状態のライセンスは、

Current License Key Type: LO100 Standard

これには、「Virtual KVM/Media」は含まれていません・・・

ライセンスが必要らしいです。
\25000-位します、、、本体Xeon3430版でも\29800-だったんですが、
(ちなみに、買っちゃいました2台目)

HP ProLiant MicroServer の RAC(リモートアクセスカード)なら
説明書によれば最初から付いてくるんですが。
(;ω;)

気をとりなおして、以下のHPの説明ページを読んでいると、
体験版の60日ライセンスを配布していますとのこと、
■HP ProLiant Onboard Administrator Powered by Lights-Out 100i
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/essentials/lo100i/qu.html

■Try Insight software free for 60 days
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/management/tryinsightcontrol/index.html
上記のページの「>>Click here to register」からライセンスは取得できます。
(要:会員登録、個人の場合の企業欄は個人の物でOK)

で、ブラウザの画面からライセンスを登録すると、バーチャルKVMが使えるようになります。

ちなみに、ブラウザでのアクセスの初期ID/パスワードは
id:admin password:admin

▼Virtual KVM/Media JAVAアプリです
Vkvm_0

長いので、以降を続きへ

続きを読む "HP ML110 G6 を買った-その3 HP Lights Outで遊ぶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDDの2Tを8個

6077円で10%ポイントだったのでおもわず、
▼WD20EARS 8個(GreenHouse箱)
2t8ko
なのになかなか手をつけられない。
そのうち何かやりますが・・・。

正確には実質(6077*1.05)税込価格-(6077*0.10)ポイント = 5774円位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »