« 2011年11月 | トップページ | 2012年3月 »

メモ:TsSplitterでFLISTを使って、まとめて処理する

・自分用メモなので、参照される方は自己責任で。
 理解せずに実行するとファイルが消える場合が有ります。

まとめて処理をするといっても、数十個とかそういうとき、
FLISTオプションが有るが使い方がわからなかったので、
色々適当にやってみた。

以下すべて、cmd(コマンドプロンプト)の操作なので注意。

▼録画データのディレクトリに移って、
(ドライブ移動=e:[enter] カレントディレクトリ変更=cd [ターゲットディレクトリ])
ファイルの一覧をファイルに出力するコマンドを打つ、

dir /B *.ts > f_list.txt

(※オプションの意味や、テキストファイル内容は各自確認すること)
でファイル名のみのリストを作って、
そのフォルダのまま、

コマンドライン版のTsSplitter.exeを

TsSplitter.exeが c:\softs\ にあるとして、
出力先を e:\out\ としたら、
例えば、
・1SEGオフ
・SD画像オフ
・B25デコード処理有り
・ウエイトパターン2
・ログを出力
であれば、

c:\softs\TsSplitter.exe -1SEG -SD -B25 -WAIT2 -LOG -OUT "e:\out" -FLIST f_list.txt

で。

#GUIを何かで作っても良かったのだが、
#コマンドでどうにかなるので、面倒になった。
#ちなみに1ドライブで作業するとブルースクリーン頻発、別ドライブへ出力するか、-WAIT(かなり遅い)で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

今年は平穏な一年でありますように、
天災などがない年であると良いですね。

昨年イヤホンを買わない決意をしたはずなのに、
新年早々、禁を破って
MDR-XB41EX
買ってきました、

まぁ、発注・受け取りは去年の年末なんですが、
開封が年を越してからという事で・・・。

言い訳は、
「重低音が恋しくなった」
だけです。

Tf 10 proや、3スタ を普段使っているわけですが、
くせが無くて、細かい部分まで聞こえてイライラしない音なのですが、
時々気分転換に重低音をドンドンと聞きたくなるわけで、

試聴したときの全体的なクリアさ(クリアっぽく聞こえる感)と、
ある程度ボリュームをとると、重低音があからさまに歪んでいたMDR-EX310あたりと聞き比べて、
良くなっていたので、買おうと思ったわけです。

同じ値段帯の色々なメーカーを試聴したわけではないので、
他にもよい選択肢があるかもしれませんが、
まぁ、たまたま確認していた音だったので。

そういえば、どうでもいい話ですが、
ヘッドフォンが欲しく・・・(泥沼)
新年早々沼っぽい話で申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年3月 »