« あけましておめでとうございます! | トップページ | ネタめも »

メモ:TsSplitterでFLISTを使って、まとめて処理する

・自分用メモなので、参照される方は自己責任で。
 理解せずに実行するとファイルが消える場合が有ります。

まとめて処理をするといっても、数十個とかそういうとき、
FLISTオプションが有るが使い方がわからなかったので、
色々適当にやってみた。

以下すべて、cmd(コマンドプロンプト)の操作なので注意。

▼録画データのディレクトリに移って、
(ドライブ移動=e:[enter] カレントディレクトリ変更=cd [ターゲットディレクトリ])
ファイルの一覧をファイルに出力するコマンドを打つ、

dir /B *.ts > f_list.txt

(※オプションの意味や、テキストファイル内容は各自確認すること)
でファイル名のみのリストを作って、
そのフォルダのまま、

コマンドライン版のTsSplitter.exeを

TsSplitter.exeが c:\softs\ にあるとして、
出力先を e:\out\ としたら、
例えば、
・1SEGオフ
・SD画像オフ
・B25デコード処理有り
・ウエイトパターン2
・ログを出力
であれば、

c:\softs\TsSplitter.exe -1SEG -SD -B25 -WAIT2 -LOG -OUT "e:\out" -FLIST f_list.txt

で。

#GUIを何かで作っても良かったのだが、
#コマンドでどうにかなるので、面倒になった。
#ちなみに1ドライブで作業するとブルースクリーン頻発、別ドライブへ出力するか、-WAIT(かなり遅い)で。

|

« あけましておめでとうございます! | トップページ | ネタめも »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124802/43649961

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:TsSplitterでFLISTを使って、まとめて処理する:

« あけましておめでとうございます! | トップページ | ネタめも »