« 電気ポットにプラスチック片が浮かびます、原因は何でしょう? | トップページ | ReadyNAS Ultra 4 [X-RAID2]の速度メモ »

SOLID CABLE SSN-5CAでのケーブル作成メモ

いつも通り、内容については自己責任で参照ください、何せ素人なので・・・。

破格にお安い圧縮式コネクタ用工具が使えるSOLID CABLEさんの、
コネクターと工具とケーブルストリッパーを買ってみました、
ネットの情報が以外と少なかったので、自分用メモ。

まず、説明書にだとりつくのが大変だったので、メモを残しておく、
▼ケーブル接続方法説明書 SSN-4CA SSN-5CA SSN-RG6
ここからは、ざっとしたメモを書いておく、

線は5C-FBの適当な線を用意、
●圧縮式コネクタ用工具(品番:#HT-660XT) \2667- (価格は全て2014年3月20日[増税前]の物)
●ケーブルストリッパー (3C/4C/5C) (品番:#HT-332) \1911-
●圧縮式コネクタ 5C(品番:#SSN-5CA) 100個 \3360-
道具、太い5C-FBをカット出来るニッパーか、下図の様にLANケーブルをカット出来る
道具などあれば、代用できる。

Dsc_0097

●説明書を見ればわかるが、
ケーブルストリッパー (3C/4C/5C) (品番:#HT-332)
は初期状態の、B-D(全長12mm 先端6mm 残す部分6mm)でそのまま使う。

●ケーブルストリッパーは、1.1回転位させて
外さずに、持ち上げます。
外した方が良いのでしょうが、外すと、被膜を取るのが面倒になります。

こうすると、中の絶縁体も被膜もごそっと取れます。
中に引っかかっているので、ケガをしないよう、どっかに叩き付けて落とします。

●最初は、中々、図の様に絶縁体が上がってこないと思います、
中のアルミラミネート(アルミホイルみたいなやつ)が引っかかってる可能性が高いです、
面倒なので、いったん引き抜いて、カットして、線の処理をキレイにやりなおし。

それでも残り3mm位の位置から進まないかもしれません、
ぐりぐりすると上がるのですが、線によっては相当固いです、
工具等もあるので、それを使ってもらうと楽かもしれません、

というか、私も買う予定、ぐりぐりしんどいです。
圧縮工具を利用して、金具部分を押さえてぐりぐりするといいかもしれませんが
用途が違う工具ですので、ケガに注意

練習したコネクタ(失敗)ですが、これ位まで白い所が上がります、

Dsc_0101

どこが失敗かというと、絶縁体の周りにアルミホイルみたいなものがありません
最初のころに、アルミをはがして、長めに剥いて無理やり作ったものです。
失敗に気付いたので切断。


ついでに圧縮前と圧縮後、もげてるのは、ついでに引き抜くけるかテストした(無理)

Dsc_0104




●6角ナット部分が、固くなり回らない場合
締めすぎですので、工具をゆるくなるように調整して、
回る位置で締め付け止まるようにします。

失敗したものは、諦めて即切断します、
ちなみに私は10個位、ミスしました。
練習・調整用も含めて、線もコネクタも多めで良いです。
慣れたら、ミスは減ります。

●芯線は長めに出すか、きっちり図っておく
後からまっすぐにするのは大変ですので、カット直後に曲がっていれば、
ラジオペンチなどで真っ直ぐに修正しておく。

なお、飛び出す幅が大きくなるので、ケガに注意

●何をしているの?
4C → 5C を張り替え+分配器交換で、アンテナレベルが上がるのか見ています
結果はどうなのかといわれると、大きな差が無いことは保証できます。

ただ、別の意味でアンテナが安定・・・、
ぐちゃぐちゃの配線を見直しましたので、安定しました。
ですよねーっと、

前はどれがどこに行ってるか分かりにくかったのですが、壁面に固定などして
わかりやすくしました。。

|

« 電気ポットにプラスチック片が浮かびます、原因は何でしょう? | トップページ | ReadyNAS Ultra 4 [X-RAID2]の速度メモ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124802/55477469

この記事へのトラックバック一覧です: SOLID CABLE SSN-5CAでのケーブル作成メモ:

« 電気ポットにプラスチック片が浮かびます、原因は何でしょう? | トップページ | ReadyNAS Ultra 4 [X-RAID2]の速度メモ »