« 2014年6月 | トップページ | 2015年5月 »

ISW11SC:機内モードでbluetooth(要root)

警告:

この記事の内容を使用・設定すると、端末が故障し、二度と起動できなくなります。
また、この設定を行うことにより何らかの問題が発生する可能性があります。
自己責任で内容の参照、適用を行ってください。


自分用メモです。

気まぐれに、近所のゲオで安売りされていた
難ありのISW11SC中古端末を保護してきました。

機内モードじゃないと、セルスタンバイがきついので、
機内モードWiFi有効設定で使用しているわけですが、
Bluetoothが使いたかったので、色々調べてみました。

以下のサイトを参考にさせていただきました。
▼「所感 ~android~」xperia Z1f (SO-02F)、テザリング APN の docomo 制限解除
http://thjap.org/android/xperia-series/2013xperia/xperia-z1f/5834.html


Android:4.0.4
ベースバンドバージョン:ISW11SCKDMP4
です。
バージョンが違ったら、場所も違うかもしれません。

root必須です。
TitaniumBackup
Android Terminal Emulator
が入っていることを前提で、
Hacker's Keyboard
も、横向き画面ならtabで入力補完できるので有ったほうが便利。
●ターミナルを開き、Sqliteで、setting.dbを開きます
#cd /data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/
#./sqlite3 /data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.db
●systemテーブルのairplane_mode_toggleable_radiosを書き換えます。
sqlite> UPDATE system set value='bluetooth,wifi' WHERE name='airplane_mode_toggleable_radios'

systemテーブルにこの値が有ることについては、
以下のサイトより情報を頂きました。
▼「Android Open Source Project - Issue Tracker」Issue 3289: Airplane mode should be configureable
https://code.google.com/p/android/issues/detail?id=3289

●機内モードに変更しても設定のトグルボタンは無効のままですが、
なぜか、bluetoothの文字のところが押せる状態になります。
(再起動後かも?)

終わり、これ以上説明しないので、あしからず。
くどいけど、操作を間違えたり、設定の場所が違うROMだと壊れるので、
自己責任で。

setting for au GALAXY S II WiMAX ISW11SC(SCI11)SCH-J001
enable bluetooth in airplane mode(need root)

sqliteコマンドメモ:
.tables テーブル一覧
.quit  終了

bluetoothのON,OFFは機内モード中は設定できないので、
機内モードを解除した状態で、ONにすると、機内モードにしてもONのまま、
OFFにすると、機内モードにしてもOFFのまま。
「HD ウィジェット」とかのソフトからは設定変更可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RO浄水器のメモ1

ここに書いている内容には一切保障はありません。間違いが記載されている可能性があります。


所持している、カウンタートップRO(RO-CTOP)浄水器用パーツリスト?
1段 Omnipure K5505JJ or K2505JJ or CL10PF5(コネクタパーツは熱帯魚屋で買う)
 セディメント(5ミクロン)
2段 Omnipure k2533 JJ or CL10RO T33
 カーボン
3段 DOW FILMTEC BW60-1812-75 ?未確認?(75ガロン/一日)
 メンブレン(ケースを開けるには、専用のレンチが必要)
4段 Omnipure k2533 jj
 カーボンフィルター

自分でパーツ交換したときは、
カーボンフィルターに注意、黒い水が出切るまで通水してから接続すること。
熱帯魚店・・、浄水器パーツ販売店。
▼チャーム 浄水器コーナーへ直接移動用
http://www.shopping-charm.jp/Items.aspx?tid=14&catId=1128000000
基本的には、熱帯魚のほうが人間より敏感なので、
おさかなフィルターでも十分だと思います。
パーツリストも、あげてはいますが似たような性能なら、他社の物が使えます。
▼安く買う
amazon.comで買うことができるかもしれません。
海外発送があれば、おそらく13$位だと思いますが、
発送で3000円位取られます、少量は国内ショップで。
▼自分で作る
面倒なので、初回はキットで買ったほうがいいと思います。
配線長とか必要なコネクターとか、初回でキッチリ買うのは、案外難しいです。
米国ならDIYマニュアルとかありそうですが、国内にはなさそうなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2015年5月 »