« Mi4c でrom焼きをミスった時のメモ | トップページ

Windows10でArecx6を使う(chromeで視る)

2019年にもなって何やってるんですかねぇ。
Arecx6を久しぶりにいじってみました。

おやくそく:
※この情報は個人的なメモですので、手順が間違っていることがありますし、たまに修正されます
※この操作を実行した場合、あなたの環境が破壊されます、試しに実行は絶対にダメです。
※情報の利用は、自己責任でお願いします。

※現在視聴できている場合、絶対に実行しないでください
※この手順を実行しても確実に視聴できる訳ではありません。


まず、現在証明書の更新を行うと、異常な証明書ができます。
「2038年問題」により、日付があふれる様子です。
それでも、視聴する方法が有ったので手順として記録しています。

なお、2019/08現在は視聴できていますが、恐らくそのうち見れなくなります。

・Arecx6が「192.168.1.xxx」というIPの場合、



手順1:
▼chromeで、
https://192.168.1.xxx/
に接続すると表示される、
この接続ではプライバシーが保護されません」という画面で、
下の方にある「詳細設定」を押します。

192.168.1.xxx にアクセスする(安全ではありません)」というリンクが
表示されていたら成功です。

リンクを押すと、
このページは動作していません
という表示になります。

タブを追加してそのタブで、
http://192.168.1.xxx/filelist.php
を開きます。

ココ重要!:ブラウザを閉じない事

フラッシュの許可などを行うと視聴可能になっていると思います。



手順2:上の手順でアクセスできない場合のみ
◆上記の「192.168.1.xxx にアクセスする(安全ではありません)」が表示されない場合
証明書を確認します

▼作成した証明書をダウンロードする
http://192.168.1.xxx/cert/cert.der

あればダウンロードされます、無ければエラーページが表示されます。

▼証明書を新規作成する処理
http://192.168.1.xxx/cgi/cert/exec.cgi
無ければ作成します。

最初の手順1: に戻り、証明書の許可を実行します。



手順3:すでに証明書があってうまく動かない場合。 
※証明書を削除してしまうので既存環境が壊れます。
※アプリが無いので確認できませんが、たぶん、接続できなくなると思います。
※現在自動で作成できる証明書は異常なため、アプリ接続がおかしくなると思います。

証明書を削除して、新規作成します。

▼現在の証明書の削除
http://192.168.1.xxx/cgi/get.cgi?type=cert_clear

手順2: に戻り、証明書の新規作成を実行します。


注意点:
chromeは証明書が変わると、認証情報が変わったというエラーを出します、
対処方法はわかりませんが、その状態では証明書を削除した状態でアクセスできます。
が、再起動するとアクセスできなくなります。
その場合、再起動してステータスが変わった状態で証明書を作り直すと、
アクセスできるようになるようです。(もしくは、翌日など、時間をおいて再チャレンジ?)
(ここで検証が面倒臭くなったので終了)



※chromeの内蔵Flashが無効になったら、この手順で見ることはできなくなります。


なお、この情報は単なるメモであり質問等はお答えいたしません。

証明書を復活させる方法について念のため、
普通に「アレックス6ランチャー」が手元にあればいいのですが、
無い場合用にURLでアクセスする方法です。

▼証明書を新規発行する処理
http://192.168.1.xxx/cgi/cert/exec.cgi
※証明書が存在する場合は、「変更なし」と表示される
▼作成した証明書をダウンロードする
http://192.168.1.xxx/cert/cert.der
※これで、証明書が存在するか確認することもできます

おまけ:
▼テキストで状態を取得する
http://192.168.1.xxx/cgi/get.cgi?type=top

ちなみに、rootを取りプログラムを改造する方法などがあることは存じ上げていますが、
このBlogでは取り上げることはありません。

おまけ2:
昔色々確認してた時にdvbrecでストリームをファイルに書き出せた記憶があるので
「24時間ワンセグ野郎」を調整すれば動くのでは?と思います。
ま、もういじる気力無いので、ネタを吐き出しておきます。

おまけ3:
http://192.168.1.xxx/cgi/cert/exec.cgi
はテキストファイルです。
実体は、
/opt/vista/tuner/cgi/cert/exec.cgi
んで、
daysを365にでもすればいいと思います。
結局安定して延命するにはコレやるしかない。

|

« Mi4c でrom焼きをミスった時のメモ | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Mi4c でrom焼きをミスった時のメモ | トップページ