Mi4c でrom焼きをミスった時のメモ

状態:MIUI8→9系へのアップデートに失敗し、
bootloaderはlocked
fastbootには入れるものの、イメージを書くことは出来ない状態。

ここから書くことは、非常にリスクが高い(一回完全にコントロールを失った)
文鎮化する覚悟を決めて下さい、そして、決して手順をアレンジしないこと(やって、失敗した)

要は、fastboot oem edlしてしまうと、後戻りができないわ、
電源の状態はわからないわ、何をしていいか情報もないというあたりで、
慣れている人じゃないと一発で成功しないと、文鎮確定

それでもやろうという人の為の情報となります、
なお、質問には一切お答えしません。

▼[Guide] Unlocking the Mi4c Bootloader without verification by Xiaomi
https://forum.xda-developers.com/mi-4c/general/guide-unlocking-mi4c-bl-verification-t3336779
上のURLから
libra_images_6.1.7_20151221.0000.11_5.1_cn_b09dac7 0a0.tgz
がダウンロードできる事をまず、祈りましょう。

Mi Flashは、特定のバージョンでなくても大丈夫みたい。

▼フラッシュが完了したが、リブートする
fastbootで起動して、正規の手順で、再度、flashします。
(たぶん右下のオプションを、clear all だったと思う)
前回と異なり、fastbootの状態のまま(edlモードに行かなくても、flashできるはずです)
そのあと、10秒くらいでリブートループするようであれば、
純正リカバリが使えるはずなので、全データをwipeしましょう。

初回のbootは非常に時間がかかりますが、リブートには入りません。

▼失敗した場合のリカバリ(私は別のイメージを焼こうとして失敗しました)
edlモードでは、画面には何も表示されませんし、
USBはデバイスを認識出来ない、切断される、状態です。

ボリュームダウン(-)を押しっぱなしにして、
USBでQualcommのデバイスが認識される事を祈りましょう、
無限リブートしているので、電源を押す必要はもはやありません。
(USBで不明なデバイスになっている場合は無理)
充電が切れるまでの勝負となります(この状態で充電ができるか不明なので)

※この-おしっぱなしの方法は、
 Fastbootに入ろうと試みていた時になぜかデバイス認識したという偶然です。

認識してしまえば、ROMが再び焼ける状態になったはずです、
正しいイメージをMi Flashから焼き込みましょう。

以上が、現状私が提供できる情報となります、追加の情報はありません
(復旧したので、しばらくやる気無いです・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズケータイ、f-03jを弄る:1

単体でGPS追跡が出来れば便利かなー、と。


android素人なので、使われている用語や用法に誤りが有ります。

気にしない人だけ参考にして下さい。

確認したF-03Jのファームのビルド番号:V13R106G

とりあえず、ADBコマンドを使えるようにする
▼ADBドライバーのセットアップ
https://qiita.com/couzie/items/2dd854df9c8c74317078
つながったら、確認メッセージが本体側に表示されるので許可する
「adb devices」コマンドで確認する。

■設定画面をadbで開く為に調べる。

▼通常の設定画面を開いてAPNを設定する?

通常の設定画面をintentを送って開く、APN設定もできそう(まだやってない)
http://www.adakoda.com/adakoda/2010/01/android-adb-shell.html
「adb shell am start -a android.intent.action.MAIN -n com.android.settings/.Settings」
残念ながらあの設定画面ではない設定でも、Wifiは存在していないし、
WCDMA(3G)/GSM(2G) しか設定が存在しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)